FC2ブログ

「水不足」

アニー 「環境問題、これって環境問題だよ!」

ハンス 「どうしたんだ、アニー。環境問題……って、まさか、セラ島でか? それは穏やかじゃないな」

アニー 「そうだよハンス、なんかエライ人にいってさ、なんとかしてもらわなきゃ。事態は深刻だよ」

ハンス 「君がそれほど真剣に危機感を覚えるとは……だが、環境問題についての報告は聞いたことがない。いったい、何のはなしだ?」

アニー 「水不足だよ! もう足りないの、ぜんぜん足りないの、水!」

ハンス 「……? ここは島だぞ。水が足りないなんてそんな馬鹿なこと……」

アニー 「足ーりーなーいーよー! 滝の水じゃなくて、清涼な湧き水の方! 足りなすぎる! 驚くほど!」

ハンス 「……いっていることがよくわからないんだが」

アニー 「なんでなの……なんで滝の方は売ってくれるのに、清涼の方は置いてくれないの……品揃えおかしいよヤコブ爺……」

ぺぺ  「清涼な湧き水っていうのは、蒸留水の素材だな。まあ……それも修行の一環かと思って、黙ってたけど……アニー、自分の犯してるミスに、気づいてるか?」

ハンス 「?」

アニー 「へ? ミス?」

ぺぺ  「ギルドの依頼、どういう基準で受けてるんだ?」

アニー 「えっとー、ざざーっと見て、カンペキ! なやつからとりあえずホイホイと受けて報告して、って感じかな」

ぺぺ  「アレ、受けまくってるだろ」

アニー 「アレって?」

ぺぺ  「蒸留水、3個、5個、10個」

アニー 「──!! 受けまくってる!! そ、そうか、あれって……まさか、罠!?」

ぺぺ  「罠だ」

アニー 「そうだったのか──! き、気づかなかったよ……あの依頼を受けまくってるから、水が足りなくなってたんだね……」

ぺぺ  「そういうことだな。ったく、これぐらい、自分で気づけよ」

アニー 「うぅ、気をつけるよ」

ハンス 「よくわからないんだが……解決したのか?」







──────────────────
あれは罠だと思うわけです。
繰り返し繰り返し要求される水。要求され続ける水。
むしろこっちがギルドに依頼出したいわ、ってぐらいの。
同じこと思ってる人、多いハズ!!!

  TOP


Menu

  はじめに
  SS
  LONG
  頂き物
  小ネタ・バトン
  拍手レス・雑記



Gust

   ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!

Rank etc

   アトリエサーチ!
   (GC)GAMEHA.COM - ゲーム派ドットコム


Profile

  Name : 光太朗。
  性別女、またの名を光太朗子。
  『アニーのアトリエ』ハマり中。

  本家オジリナル小説サイト↓↓
  『光太朗小説処』へ


Links


→ Reset