FC2ブログ

『愛ゆえに』

書 き す ぎ だ か ら …!!

ブログ始めたのが三日前とかって。どういうペース。
なら書きためて小出しにすればいいものを、それは性格上できないという。

今回は、ハンスがヤキモチとか焼いちゃう感じです。


あー、今後はペースダウンします……(これも毎回いってる気がする。


拍手ポチリ、本当に大感謝です><





*****




『愛ゆえに』


 肩を並べて歩く、二人の姿が視界に入った。
 そのまま動けなくなってしまった。
 実際には、肩は並んでいない。あまりにも身長差がありすぎて。
 いかにも冒険者然とした、長身のキルベルト。隣には、よろよろと歩く錬金術師の少女。
 抱えた荷物から、採取の帰りであることはすぐにわかった。

 問題は、二人しかいないということだ。
 自分が誘われた覚えもない。 
 ということは、キルベルトにだけ声をかけ、採取に出かけたのだろうか。ここ一週間は姿を見かけなかったから、おそらくその間、二人っきりで。

「採取の帰りか?」
 できるだけ平静を装って、ハンスはそう声をかけた。
 ハンスだ~、とアニーが情けなく返してくる。よほど疲れているのだろう。
「疲れたし重いし眠いよー。そんでお腹空いた……ああ~おじいちゃんが手を振ってるのが見える~」
「勝手に殺すなよ」
 いつも通りのくだらない会話をしながらも、さりげなく様子をうかがう。取り乱さないのが不思議なぐらい、胸中は穏やかではない。
 聞くのは不自然だろうか──そう思いつつも、ハンスは問いを口にしていた。
「二人で、行ったのか?」
 アニーとキルベルトが、顔を見合わせた。それから、苦笑する。
 そのアイコンタクトが気に入らない。
「ビュウもね、一緒の予定だったんだけど……」
「いざ出発! の時に行方不明でよ。で、追いてった」
「……黙って置いていくのは、ヒドイんじゃなのか?」
 そうじゃないだろう、と思いながらも、そんな言葉が続いてしまう。けっこう待ったんだよ、と弁解するアニーの様子からは、すすんで置いていった様子は感じられない。
 
 ということは──ハンスは、どうしても、邪推せずにはいられなかった。
 キルベルトが、もう置いていこうと、いったのだろうか。
 きっとそこには、意図があって。

「おい、メシなんだろ。その大荷物置いて、早く行こうぜ」
 キルベルトが、アニーの帽子の上から頭を押さえつけた。そのまま片手一本で持ち上げるように、ずるずると引きずっていく、
「ああ、うん。そんなわけだからハンス、あとでね~」
 へらへらと、アニーが手を振ってくる。
「──ちょっと待った!」
 思わず、声に出していた。
 アニーが目を丸くしている。キルベルトの表情を見る気にはなれず、ハンスは咳払い。
 悟られないように、脳をフル回転させた。どう続けるべきか。不自然ではない何か、何か──
「アニー、悪いが、すぐに本部に来てくれ。リゾート運営のことで、君に伝えなければならないことが」
「うぇ、いますぐ?」
「いますぐだ!」
 もう、取り繕っている余裕はなかった。
 アニーの手を取る。
「うぅ、ひどい、なんか世の中があたしに冷たい……!」
 大げさに泣き真似をしながらも、アニーはついてきた。荷物を抱えたまま、ありがとね、とキルベルトに手を振って。

 キルベルトの声は聞こえない。
 ハンスはそのまま、脇目もふらず、本部へと直行した。





「なんでしょうか、ハンスさま。まさかわたくし、なにかヘマでも」
 ネガティブになっているのか、それともフリなのか、アニーがずいぶんと気弱に聞いてくる。
 たどり着くことまでしか考えていなかったハンスは、返答に詰まった。
「いや、実は……」
 書類を見るポーズをする。言葉が続かない。
 適当な説教をしようにも、最近のアニーの成績はまったく悪くない。どころか、優秀だ。
 相変わらず態度には問題があるものの、結果を出しているのだから、なにもいえない。
 ハンスの頬を冷や汗が伝った。時間がもたない。
「──話しは変わるが、アニー」
「え、変わるもなにもまだ始まってないけど」
「いいから!」
 もう強行突破を試みた。
「今後、採取に行くときは、必ず僕に声をかけてくれ」
 勢いのままに、いった。
 アニーが大きな目で、こちらを見返してくる。
「えー、でも、いつもは悪いよ。ハンスだって、お仕事あるでしょ」
「し、仕事はあるが、そういうことじゃなくて……とにかく、必ず、僕を誘うと、約束してくれ」
「なんで?」
 直球で、質問がよこされた。

 ハンスは動きを止めた。
 なんで、と聞かれる展開は予想していなかった。というより、そこまで考えが及ばなかった。
 何か少しでも、もしかして、と思うところはないものだろうかと、アニーの表情を盗み見る。
 どこまでも、きょとんとしていた。
 これはきっと、イチからどころか、ゼロから伝えなければ、伝わらない。
「その……急に、こんなことをいうと、驚くかも知れないが……」
 もごもごと、口を動かす。
「うん?」
 促され、生唾を飲み込んだ。
 大きく息を吸い込む。

 いうならいまだった。
 周囲に人はいない。
 勢いに任せてしまった感があるが、本来、こういうことはきっと、周到に用意するモノではない。
 ハンスは、まっすぐ、アニーを見つめた。
 そして、告げた。
「好きなんだ」
 アニーが瞬きをした。ゆっくりと、二回。
 ほんの数秒の沈黙。実際には、一秒もなかったかもしれない。
「──採取に行くのが、とても」
「え、そうだったの? なんだー、それならそうといってよ。ハンスってばどっちかっていうと引きこもりかと思ってたよ」
「君といっしょにしないでくれないか」
 体中の汗が流れ出た。
 あまりにも情けなくて、泣きたくなる。

「そっかそっか、あたしもさ、最近採取が楽しいんだよね。仲間だね、ナカマー!」
 脳天気に、アニーが盛り上がっている。
「……ちょっと頭痛がするから、話しはまたあとで」
「だいじょうぶ? 仕事のしすぎだよ。たまには外に──あ、だから、採取か。うん、次は絶対誘うね!」
 もうどの点について涙を流せばいいのかわからず、ハンスはとりあえず、そうしてくれ、とつぶやいた。






────────────
二次創作の世界ぐらい幸せにしてやれよ!
と思いつつもかわいそうでヘタレなハンスが大好物です。


  TOP


Menu

  はじめに
  SS
  LONG
  頂き物
  小ネタ・バトン
  拍手レス・雑記



Gust

   ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!

Rank etc

   アトリエサーチ!
   (GC)GAMEHA.COM - ゲーム派ドットコム


Profile

  Name : 光太朗。
  性別女、またの名を光太朗子。
  『アニーのアトリエ』ハマり中。

  本家オジリナル小説サイト↓↓
  『光太朗小説処』へ


Links


→ Reset